業者選びに役に立つ墓石・墓参り代行に関連した業者をご紹介します。

お墓コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

墓石は何を基準にして選べばいいの?

父が長男でないことから家には仏壇はなく、もちろん自分で入るお墓もありません。
先日その父が倒れて現在入院中で、幸い命には別状はなかったですが、もうすぐ80歳にもなるし、父からも母からもお墓の話はこれまで一切出ていません。
私も50歳を超えていて長男もいるので、両親のこともそうですが、自分が入るお墓のこともそろそろ考えた方がいいということで、墓地とお墓を探し始めた次第です。
公営霊園などのお墓を建てる場所を確保するだけでもかなりの費用がかかることが分かったのですが、それよりも墓石本体の価格について分からないことがあるので質問させていただきます。
先日家の近くにある石材店を訪れて、展示していた墓石をいろいろ見させてもらったのですが、見た目は同じようなものでも、値段にかなり大きな違いがありました。
数十万円で購入できるものもあれば何百万円と、一番安いものよりも10倍以上もする墓石もあったのですが、値段を含めて墓石は何を基準にして選べばいいのでしょうか?


回答

ご家族で話し合うことを推奨します。


お墓の価格には、工事費用も含まれますが、墓石には多種多様な種類があって、それによって価格は大きく変わってきます。
一般的に国内産は高額で、外国産には安価なものが多いです。
本御影石や庵治石など、希少価値が高い国産の天然石は、見た目も美しいですが耐久性も高く、同じ天然石でも外国産と比較すれば、見た目は同じでも品質にも値段にもかなりの違いが生じます。
最近では天然石を使用しないお墓も増えていて、見た目だけだと天然石と遜色ないものも多く、費用もかなり抑えることができます。
もちろんその場合は、耐久性ではかなり劣ることになりますが、よほどのお金持ちでない限りは予算に限りがありますので、価格、見た目、耐久性など、自分たちにとって何が一番大切なのかを考えて墓石選びを行いましょう。
また、墓石は気候にもとても敏感ですので、お墓を建てようとしている場所によっても選び方が変わってきます。
例えば、海の近くや湿気の多い場所にお墓を建てる場合は、給水率の高い墓石は内側から劣化がしやすくなってしまいます。
気温の低い場所だと、墓石が割れやすくなりますので、石材店など墓石の購入先とも相談して、予算も含めて最適な墓石を選んでもらうことをおすすめします。
お墓は家族全員で決めた方がいいので、ご両親やお子さんの意見も取り入れましょう。

PageTop