業者選びに役に立つ墓石・墓参り代行に関連した業者をご紹介します。

お墓コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

正しいお墓の選び方とは?

父が亡くなりまして、私にも2人の息子がおりますので、私たち夫婦のことも考えてお墓を建てようと思っているのですが、お墓をもつには土地も必要になりますし、お墓自体もそれなりに高額だと思うので、少し時間をかけても慎重にお墓選びをした方がいいと考えています。
お墓を購入する場合は、石材店を利用することになると思うので、信頼できるお店を選ぶことと、お墓を建てる場所選びが重要になると思うのですが、正しいお墓の選び方と知りたいので、良きアドバイスをよろしくお願いいたします。


回答

墓石を購入する石材店は慎重に選びましょう。


墓石にはいろいろな種類がありますが、そのほとんどは御影石で、8割以上は輸入材となっています。
御影石と言っても、品質によって石の硬度が異なり、硬い石ほど光沢を出すためには手間も時間もかかりますが、その分艶は長持ちすることになります。
硬度が低い石は、水を吸い込みやすくなり、特に寒い地域でそのような石を選んでしまうと、墓石にしみ込んだ水が凍って、割れてしまうこともあるので、硬度が低すぎる墓石が選ばない方がいいでしょう。
硬度の高さが価格にも比例しますが、御影石以外にも墓石に使用される石の種類は何百種類もあって、石の材質以外にも、産出量が少ないものほど価格が高くなることもあるので、値段だけで墓石を選ぶのは危険です。
石の色については、関東よりも西は白系統が選ばれることが多く、関東よりも北の地域では黒系統の墓石が目立ちます。
ほぼ黒御影石が選ばれている地域もありますが、特に墓石の色を気にすることはありません。
墓石の大きさを気にされる方も多いようですが、墓石の色や形や大きさでどれが良いという決まりはなく、そもそもお墓には、死者を供養するのにふさわしいたたずまいがあって、この世に残された人の心の拠り所になればいいという意義がありますので、お墓をもつ方がそう思えるのであれば、いずれも良いお墓ということになります。
ただし、お墓を購入する石材店には墓守としての役目もあり、長くお付き合いすることになる存在なので、それを踏まえて慎重に選ぶことをおすすめします。
石材店選びのポイントとしては、墓石の値段以外にも、購入後のメンテナンスやサービスがどのようになっているかを事前にきちんと確認して、インターネットなども利用して、口コミや評判を確認しましょう。

PageTop