業者選びに役に立つ墓石・墓参り代行に関連した業者をご紹介します。

お墓コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月06日 [FAQ]

墓石の選び方について教えてください

この間、私の母が亡くなり、お墓をつくろうということになったのですが、これまでに墓をつくった経験がなくて、墓石を選ぶ必要があることを知ったのですがどれを選べばいいのかよく分からなくて悩んでいるところです。
そこで、これから墓石を選ぶ際には、どのような点に注目して選べばいいのか、その際のポイントがあれば教えてください。

回答

硬度や吸水性、色などに注目しましょう


墓石を選ぶ際にはさまざまなポイントに注目するべきであり、現在、最も多く使われている墓石は御影石のものですが、御影石といってもさらに何百もの種類が存在しているため、墓石はとことんまでこだわることができるものです。
どうして墓石にこれほどまでの種類があるかといえば、それは石の硬度が異なっているからであり、同じ御影石であっても、種類が違うと硬さが異なっていて、硬いものほど長持ちする傾向にあります。
また、吸水性もポイントとなり、これは水を吐き出しやすいかどうかを決めるもので、吸水性の悪い御影石の場合は寒冷地などで石に含まれている水が凍ってしまうと、それが原因で石が割れてしまう可能性があるのです。
したがって、墓石は基本的に硬度が高くて吸水性に優れているものが一番良いということになるのですが、墓石の値段は単純に性質が優れているほうが高いというわけではなく、石そのものの希少価値によっても変わってしまいます。
石は天然から得られるものであり、人気の高い種類で産出量の少ないものほど高額になりやすく、ありふれているものは安くなり、これは性質とは無関係に決まるため、安くても高品質なものを得ることもできるのです。
また、墓石にはそれぞれ色による違いも存在していて、それぞれの地域ごとに墓石の色には異なる傾向があるため、その点も踏まえた上で、どんな色の墓石を使うのか決めるとよいでしょう。
たとえば、東北地方では黒系統の石が多く使われる傾向にあって、関東より西の場合は白系統の石が使われることが多く、これはその土地で昔から多く産出されていた石の色が影響しているのです。
これから墓石を選ぶ際には墓地をそのまえに決めることも大切で、墓地のスペースに合わせた墓石の大きさを選ぶ必要があり、大きすぎてしまうとその墓地で取り扱ってくれない可能性もあるため注意しましょう。
墓石を取り扱っている業者とよく相談をして、墓石の色や硬度、吸水性などにも注目して、総合的に考えて自分たちの納得できる墓石を選ぶとよいでしょう。

PageTop